P1000653.JPG
micRokuro
個数限定販売


ワークショップ風景


1セット24,800円+送料500円

残り15 5
2013/7/5 現在


作品には遊び方のドキュメントが付きます。ご依頼をいただきましたら、2,3日中に発送いたします。

ご予約はメールで「micRokuro購入希望」とお願いします。
メールアドレスは、左記に記載しています(スパム対策をしておりますので、@の変更をお願いします)。
【作品版(24,800円)】 【作品版】micRokuroはAmazon(クレジットカード使用可)でも購入可能です。

2012年02月03日

2/3 [穴あけ]ワークショップ用に制作中

写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG
今日も大学のアトリエで作業中。
今日は工房がやすみなので、アトリエで出来ることだけしてます。

アトリエには自分で用意した工具がたくさんあるので、たいていのことは出来るんよね。

で、今日はネジ穴とバカ穴を合わせて300箇所くらいを空けてます。

まだまだ半分くらいだけど、とりあえずご飯に行くことにするかな
posted by yoshimasa.k at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作

2012年02月02日

2/2 micRokuro 主軸制作

写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG写真 4.JPG写真 5.JPG
今回は特別版として、
五個だけ主軸を真鍮で制作しました。

光の様子には一切関係のないところだけど、
もし真鍮でできた軸がいいという方がいましたら、材料費の差分としてプラス200円でカスタマイズしますよー

ちなみに真鍮って重いのね
posted by yoshimasa.k at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作

2012年02月01日

2/1 精度

写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG写真 4.JPG
さっきの部品は内部ではこんなふうに合わさります。

で、その次は精度のお話。
主軸はベアリングに取り付けられるものなので、精度が重要なんですが、
マイクロメーターというもので測ります。

これは、見方が少しむずかしいんですけど、0.01mmまでの精度で厚さが測れる測定器です。

で、四枚目の写真。
横軸の目盛りで6を指してて、縦軸の目盛りで0を指してますよね。
つまり、0.01mm精度でピッタリ6.00mmということ。
前回のワークショップや製品版のmicRokuroはこの精度で作ってます!
本気です

作る時に問題なのが、旋盤の目盛りの精度が0.02mmなんだよね。
そこは、目分量で。
posted by yoshimasa.k at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作

2/1 本体内部の部品たち

写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG写真 4.JPG写真 5.JPG
まだまだ作るものたくさんあるけど、
とりあえず内部の部品。
全てアルミの丸棒を削ってつくってます。

最後の部品はアングルを加工したもの。
本体の内部で基板を固定する部品です
posted by yoshimasa.k at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作

2/1 蓋、底 その後。センターに穴あけ

写真 1.JPG写真 2.JPG
底は基板を取り付けるために、M3mmのタップ(ネジ穴)をたてます。
蓋は主軸、ベアリングを取り付けるので、まずはしたあなの11mmをあけました
posted by yoshimasa.k at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作

2012年01月31日

1/31 micRokuro 蓋、底その後

写真 1.JPG写真 2.JPG
全て、10mmの厚さ(±0.5mmにしたあと面取り。
ちゃんと、筐体に収まりますよー。
光がもれないように、結構ギリギリ。
posted by yoshimasa.k at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作

2012年01月29日

1/29 基盤の変遷

写真 1.JPG写真 2.JPG
左から、
自作のプリント基板(紙
自作のプリント基板(ガラエポ
ブルガリアの基板メーカーに発注
中国の基板メーカーに発注

やれることは一緒だけど、作りやすくなってます
posted by yoshimasa.k at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作

2012年01月26日

1/26 ワークショップ用micRokuro

写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG写真 4.JPG
第二弾制作開始!
午前中にはただのアルミパイプだったものが、その日の午後には半分完成!

とりあえず、全て120mmにカット。
精度は±0.5mm。

そのあとに面取りして、あなぐりバイトをつかって、内側を削ってますよ

そのあとは、フタと底をカット。
ただのアルミ丸棒から予備を含めて45個切り出しました。
明日、10mmに旋盤加工して、面取り。

そのあとに、ベアリングを入れるあなぐり加工。
そこは19mmの±0.02で作らないといけないので、大変だ。

こんな部品を含んだワークショップのセットが8000円で体験できますよ。

余ったセットは、キットとして一セット8000円+送料500円で販売します。
制作のためのドキュメント付きで、三月下旬発送予定です。
予約は今から受け付けます。
販売用のキットは先着10名限定です。

「ワークショップ参加希望」か「micRokuroキット購入希望」とメールをお願いします。
メールアドレスは、ホームページに記載されています。
posted by yoshimasa.k at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作

2012年01月19日

1/19 カントッチョその後

写真 1.JPG写真 2.JPG写真 3.JPG
一回目の焼きが終わり、皆さんの知っているカントッチョの形に切り分けます。
暖かいうちはまだ柔らかいので、きる事ができます。

その後、二度目の焼きをします。
冷えたらカチカチになって完成。

近所のショッピングセンターに売ってたんだけど、取り扱いしなくなったので今日はつくってみることにしましたとさ
posted by yoshimasa.k at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月15日

1/15 micRokuro用基板 バージョン2と3

写真 1.JPG写真 2.JPG
バージョン1は自作のプリント基板ですが、パターンはバージョン2と同等です。

バージョン3は、多少サイズは大きくなってます。
出来ることは変わらないのですが、半田付けしやすさや組み立てがしやすくなってます。

なんといっても、赤!
我々世代にとっては、赤は特別です。
でも、三倍半田付けしやすいというわけではないw

実際のザクも機体性能は1.3倍?で、三倍なのはシャア大佐のおかげという説もありますから。
posted by yoshimasa.k at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作
展示に来て頂いたみなさまへ その他の写真はこちらから
YKato_Rokuro2_1.jpg YKato_Rokuro2_5.jpg YKato_Rokuro2_4.jpg YKato_Rokuro2_2.jpg YKato_Rokuro2_3.jpg
名刺に表記しておりますアドレスへわざわざアクセス頂いてありがとうございます.

会場内では撮影できなかったと思うので,写真を用意致しました.
記録やブログなどで自由にご使用ください.
なお,その際にはサイズ変更以外の加工はご遠慮いただきますよう,よろしくお願いします.
加工例としては,トリミングやファイル名変更などもご遠慮ください

To the press.
Please use this picture to records and reports.
However, when the trimming, please get in touch.
Also, I can provide high-resolution photos.
Please contact even when you need high-resolution photos.