P1000653.JPG
micRokuro
個数限定販売


ワークショップ風景


1セット24,800円+送料500円

残り15 5
2013/7/5 現在


作品には遊び方のドキュメントが付きます。ご依頼をいただきましたら、2,3日中に発送いたします。

ご予約はメールで「micRokuro購入希望」とお願いします。
メールアドレスは、左記に記載しています(スパム対策をしておりますので、@の変更をお願いします)。
【作品版(24,800円)】 【作品版】micRokuroはAmazon(クレジットカード使用可)でも購入可能です。

2011年02月15日

2/15 初めて200位以内に!

今日,僕のつくったLED抵抗計算アプリ「LED Calc(有料アプリ)」が
初めて「ユーティリティ」カテゴリ内の200位以内に入りました.

これが何を表すかというと,
「LED Calc」と検索しなくても人の目につくってこと.
興味のなかった人も目にするんです.

つまり,200位以内かその他では目にする機会が全然違うのです!
今後ともよろしくー.
スクリーンショット(2011-02-15 22.33.16).png
posted by yoshimasa.k at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2010年11月05日

11/5 【宣伝】iPhone APP リリースしています

icon@2x.png
もう一つのブログでは紹介しているんですが,
ついにiPhone APPをリリースすることができました.
IMG_0716.PNG

※iTuneが開きます
内容は電子工作などでLEDを点灯させたいときの最適な抵抗値を計算するというもの.
スライドバーを使いかなり直感的に操作出来,
表示も即座に反映されるので素早く調べたい人にはうってつけです.

お店(僕の場合は大須,大阪なら日本橋,東京なら秋葉原ね)でLEDを買ったんだけど,
一緒に抵抗買うときに店先で抵抗計算するのめんどいわ.ってときに使います.
最近のマイコンの動作電源は3.3Vだったり5Vがあるし,
LEDの定格も色によって3.5Vだったり,3.7Vだったりします.
小数点の計算って結構面倒.
もちろん,複数のLEDにも対応してます.
(例えば,直列2個,並列に3個など...)
IMG_0717.PNG
そういうときにぜひ使ってください.
電子工作初心者には最適.と思います.

iconbigb.jpg
posted by yoshimasa.k at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2010年09月29日

9/28 iPhone APP Part.20 [ error (0xE800003A)に追記 ]

error (0xE800003A)は未だに開発者が引っかかるようなので,確認と記事を追加.
(多分一番ネックな上に情報が少ないところ)

結論から言って,現在のVer.になっても記事中の設定の方法は使えます.

で,今までやってた上で,結構引っかかるところがあったので,
追記しておきました.

iPhone APP Part.6 [ error (0xE800003A) ]
posted by yoshimasa.k at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2010年09月27日

9/27 Make:Oogaki Meetingも終わり

とりあえず,展示は一段落.

ってことで,ちょっとアプリの宣伝.
すっごく簡単なLEDを光らせるための抵抗計算アプリを,制作ダウンロード販売中.
2年がかりでようやく,やる気になりプログラム.

LED Calc
iTunes Storeにて115円です.

特徴は,スライドバーによる直感的な入力.
リアルタイムな結果表示.
W計算も同時にしますよ.
posted by yoshimasa.k at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2010年04月09日

4/9 これは...来ます.

なにかが...来ます.

20100409.png
posted by yoshimasa.k at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2009年11月09日

11/9 iPhone APP Part.20[ひさびさの実機テスト]

以前書いたの実機テストのための記述。
http://yoshimasa.sblo.jp/article/24729786.html

久々に試したけれど、大丈夫だった。
「Bundle identifier」

「コード署名ID」の「Any iPhone OS Device」を合わせるとできますね。

ただ、久々に試す人は、
「iPhone Developer Program Portal」を確認するといいです。
英語よんでさくさくと、いきましょう。
posted by yoshimasa.k at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2009年10月08日

10/8 Objective-C2.0

いま,Objective-C2.0の入門書を読んでます.
レビューをみるとかなり良さげに書いてあったため購入.

iPhoneOSの開発関係は一切出てこないけど,
Objective-C2.0がどんなもので,どういった記述をするかが
わかり易く書かれている.

「入門 Objective-C 2.0」



私は,iPhoneOS関係の本をいろいろ買っているが,
同時にこれも買ってみた.
まだ,読んでないから感想はのちほど.

「iPhone SDK アプリケーション開発ガイド」




で,最近は,Googleが提供している「SketchUp」を始めた.
ちょっと複雑な形状は難しい為に,これも学習本を買ってみた.
こちらもまだ,読んでないから感想はのちほど.
あ,でもSketchUpはかなり使えそうですよ!

「Google SketchUp日本語版パーフェクト (入門編) 」



amazonのこの機能.
本の写真を撮る必要がないから便利なんだよねー
posted by yoshimasa.k at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2009年08月19日

8/19 Wi-Fiが無い場所でのiPhoneとMacの接続

まずやる事はMac側で「ネットワークを作成」します.
20090819.jpg


以下はiPhoneの話
1.iPhone側の「設定」>「Wi-Fi」で作成したネットワーク名を選択してください.
2.選択されたら,一度ホームに戻ってsafariを起動.
3.なんでもよいのでwebページが表示されたら,safariを終了.

4.「設定」>「Wi-Fi」>選択されているネットワーク名の横の青いボタンをタップ
5.IPアドレスが169.254.x.x(xは人それぞれ異なります)と表示されていればOK!
6.これで,どこでもMacBookとiPhoneがつながった状態になります.
(慣れたら,4,5,6は確認だけですので省略可)

7.Wi-Fiを使用するストレージ系アプリやRemoteなどのアプリが使用できます.

以上!
Please enjoy your iPhone and Mac life!!
posted by yoshimasa.k at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2009年07月24日

7/24 このブログのRSSリーダーを作ってみた

まぁ,必要ではないと思うけど,
DashCodeの練習でした.

Macで興味のある人は良ければどうぞ.
インストールしたらキーボードの「F12」で呼び出してあげてください.
機種によっては,キーボードの「fn」キーを押しながら「F12」の場合もあります.
yoshimasaRSS.wdgt.zip
posted by yoshimasa.k at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発

2009年03月28日

3/28 そういえば,開発本がいろいろ出ましたね.

もちろん以下のは買ってます(というか,日本語で出たのは全て買ってます.)


まずは,酒井 裕司氏による
「サンプルプログラムから学ぶ iPhone SDK プログラミングガイド 」
う〜ん,プログラムの内容は初級者向けですが,
iPhoneの開発というよりは,Objective-Cの勉強やプログラミングの勉強向けですね.



もう一冊は,Max/MSP界で有名な赤松 正行氏の
「iPhone SDKの教科書―Cocoa Touchプログラミング、最初の一歩 」
タイトル通り,入門に最適だが,いろいろな機能を使いたいなって人はこの一冊だけでは物足りないでしょう.もう一冊必要になると思います.



最後は,Erica Sadunの
「iPhone デベロッパーズ クックブック」
本格的,中上級者用.


という事で,やっぱり洋本の
「Beginning iPhone Development: Exploring the iPhone SDK 」はおすすめです.もちろん英語で書いてありますが,プログラムは同じなのでがんばって読み解きましょう.



あ,あと,iPhone用のサイト構築本の
「iPhoneサイト制作ハンドブック iPhone&iPod touch対応」
まだ,活用できてませんが,アプリのサポートサイトなどはやっぱり対応してる方がいいんじゃないかと購入済み.



最後は,Make:TokyoMeeting2でお世話になった,船田巧さんが翻訳した
「Arduinoをはじめよう」
Arduinoとは,組み込みシステムなどに使用でき,さらに開発が容易なハードウェアです.最近はやってるんですが,本書いてたんですね.
いずれ,買います.
posted by yoshimasa.k at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発